エグザイル

昔エグザイルの深イイ話でこんなのを観ました。コンサートの時に紙テープみたいなものをバーンを観客席に向けて飛ばす演出があったそうなのですがコンサートが終わってからそれを片付けると大量のゴミになったそうです。そこでエグザイルのメンバーひとりひとりがその紙テープに手書きで感謝のメッセージを書いたら”ゴミ”がファンの”宝物”に変わったそうです。

僕の働くカフェは夏は店内フルオープンにして営業し、解放的な空間をお客様に楽しんで頂いています。でも日本は”蚊”が多い。それなりの対応はしているのですが、それでもお客様が”蚊”をうっとおしそうにされているのを見かけます。そこで

”じゃあ、蚊を捕まえたら特典がもらえる”

みたいな事を提案したのです。そしたらいままでわずらわしかった”蚊”をお客様はまるで”宝物”を見つけたかのように追いかけるのです。このアイデアはあくまでの一時的なちょっとしたシャレでしたがアイデアは”得て””アレンジ”して”実行”すると意味を成すのだなぁと感じた話でした。okaxile2

Advertisements

アリストテレス

僕もあまり詳しくないのですがアリストテレスの哲学のひとつに”動機こそが正義なる美学である”的なものがあるそうです。僕の働くカフェで例えるならお客様が900円のランチを召し上がられて1万円札を出しながら

”1000円からで”

とスタッフに伝えたとしましょう。そのスタッフはお客様が1万円札と千円札を間違えているのに気づく。それを人としてお客様の為に良くない事だと考えお客様に1万円札の間違えだと伝え9100円のおつりを渡す。もうひとつのパターンとしては、本当は気づかないふりをして100円だけ返したいんだけど他の従業員やお客様が見てるかもしれないしそこでリスクを犯して首になるくらいなら止めようと正直におつりを返す。二つの例はどちらも結果的にはお客様に9100円のちゃんとしたおつりを渡しているのですが”動機”が違うのです。

僕の働いていたシンガポールのお店でこんな事がありました。月替わりでシェフのおまかせコースみたいなものがあったのですが同じお客様が同じ月にいらっしゃると同じコースを2度召し上がっていただく事になる。そこで料理長はシンガポールのお客様に”未だ知らない日本食”を体験していただく為にコースの内容を替えて提供していました。正直、喜んでくださるお客様もいらっしゃいましたががっかりされるお客様もおられました。

”あの料理がもう一度食べたかったのに。”

”あの料理を友人に楽しんでほしかったのに”と。

でも最後には必ず笑顔で帰られました。なぜなら料理長の”お客様に喜んでいただきたい”という気遣いが必ず伝わるからなのです。

僕は”仕事”がこういったお金を稼ぐだけではない素晴らしい動機で接し続けられたらと思うのです。BEEF-SUSHI--SASHIMI

野村監督

5a01141b-s野村監督が現役引退を決めたときの話。
この日、西武の野村監督は捕手としてスタメン出場。西武が1点を追う8回裏、一死満塁で迎えた野村監督の打席で、人生発の代打を送られる。 犠牲フライくらいはいくらでも打てると思っていた野村監督は愕然とし(野村監督は犠飛数のプロ野球記録保持者だった)ベンチに下がった後、代打策の失敗を祈っていた。結局ショートゴロ併殺打に倒れ、その瞬間「ざまあみろ」と思ったという。 この逸機が響いて西武は試合に敗れた。野村は帰途の車中、自分の気持ちが勝利を目指すチームとは逆の方向に向いてしまったことを悔い引退を決めたという。

まだ僕がブリティッシュパブの店長だった頃、自分の仕事をあまり人に与えませんでした。自分のポジションを守る為にはその仕事を出来るのは僕だけである必要があったからです。でも間違ってたなと思う。仕事はチームでするもの。チームのレベルが上がればもっと素敵な仕事が出来るはず。また自分自身も保守的ではなく前進し続ける為にも目先の利益を追わない、そんなウィンウィンな環境が仕事だと思うのです。

シュガーラッシュ

427うちのアルバイトのMちゃんは純粋で超いい子。クラスの大好きな男の子と2回目のデートの約束をして映画を見に行く事になったらしい。

M ”映画なに観る?”

彼 ”俺、シュガーラッシュ観たいな。”

M (私、友達とシュガーラッシュ観ちゃったんだよね。。)”私も観たい!”

可愛いー。癒されるー。みんな忘れてるその初々しさが魅力のMちゃんは映画の後また一風堂でラーメン食べたそうです。(秒殺)

 

小倉デニッシュ

oguradanish2僕が中学生の頃、みんなお弁当を持って行ってたのですがあえて購買部のパンを買う方がかっこいいみたいな感じでした。僕も中学3年間ほぼパンを買っていたのですが卒業間近にあることに気がつきました。

”小倉デニッシュの中はチョコじゃなくてアンコなんだ。。。”

パンの名前に小倉と書いてあるのにこの間違い。3年間も知らなかった事にちょっと恥ずかしかった。

高校生になりアルバイトも始め、貯めたお金でバイクも買いました。冬のバイクは寒く、よくコンビニで暖かいアンマンを買ったものです。

これも卒業間近だったと思うのですがいつものようにコンビニに行くと見慣れぬ商品が中華まんのケースの中に。。。

『チョコマン。。。』

”えー!アンマンの中身はまさかのあんこ?!”

またまたチョコとアンコの区別が出来ない3年間だったのでした。。。

 

黄金の蔵

22387080数年前、奥さんと黄金の蔵(きんのくら)に行きました。当時は居酒屋は安いけどちょっとダサくバーは高いなりにかっこいいみたいな時代でここのお店は居酒屋なのに店内も素敵で

”この価格でこの店作りされたら勝てないよねー。”

なんて話しながら生ビール2つとおつまみ3品ほど頼みました。会話も弾むなか時計をみるとはや15分経過。まだビール来ず。店員さんを呼びビールが未だなのを伝え、、、また10分経過、、、、まだ来ず。ちょっと切れ気味にビールが来てないとクレームするとその5分後にビール到着。乾杯して飲んでいると食べ物もちょろちょろ到着。なんだかんだ言って楽しんでいるとふたりともビールが空になり

”どうする?おかわり頼む?”

”また30分とか待たされんのヤだよね。”

”あれ?食べ物これで注文したの全部だっけ?”

”卵焼きまだじゃない?”

”じゃあ卵焼きがあとどれくらいで来るか聞いてみよう。”

となり、店員さんにあと何分くらいかかるか聞いてみると

”あれ?おかしいですね。今日卵焼き品切れなんですよ。”

とリプライ。

”じゃあチェック。”

と怒り気味で店員さんに伝えるとヤバいと思ったのかレジにいる店長さんらしき人のところに走り耳打ち。僕たちがレジにつくと店長さんが丁寧な口調で

”本日は卵焼きが品切れで申し訳ございません。卵焼きの分は会計から引かせていただきますので。。。”

。。。。会計に入ってる方が怖いわい!!

 

 

ゴディ

2827_100413152554ちょうど日本で東北地震があった頃、僕はKuriya Penthouseでバーマネージャーとして働いていました。ある日そのお店の料理長がコース料理の味と量が気になるといって休みの日にカウンターに食べに来ました。すると僕のアシスタントのフィリピン人のゴディが僕のところに来て

”料理長は何してるの?”

と聞くので

”料理をチェックしてるんだよ。”

と答えると

”あーなるほど、放射能チェックか。”

と真顔で答えてました。さすがフィリピン人と思ったのですが最近はこのブログを読んでもらえれば分かると思いますが日本人も負けてないなーと思う。。。