野村監督

5a01141b-s野村監督が現役引退を決めたときの話。
この日、西武の野村監督は捕手としてスタメン出場。西武が1点を追う8回裏、一死満塁で迎えた野村監督の打席で、人生発の代打を送られる。 犠牲フライくらいはいくらでも打てると思っていた野村監督は愕然とし(野村監督は犠飛数のプロ野球記録保持者だった)ベンチに下がった後、代打策の失敗を祈っていた。結局ショートゴロ併殺打に倒れ、その瞬間「ざまあみろ」と思ったという。 この逸機が響いて西武は試合に敗れた。野村は帰途の車中、自分の気持ちが勝利を目指すチームとは逆の方向に向いてしまったことを悔い引退を決めたという。

まだ僕がブリティッシュパブの店長だった頃、自分の仕事をあまり人に与えませんでした。自分のポジションを守る為にはその仕事を出来るのは僕だけである必要があったからです。でも間違ってたなと思う。仕事はチームでするもの。チームのレベルが上がればもっと素敵な仕事が出来るはず。また自分自身も保守的ではなく前進し続ける為にも目先の利益を追わない、そんなウィンウィンな環境が仕事だと思うのです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s