世界で最も貧しい大統領の衝撃的なスピーチ

今日は観てよかった動画をシェアします。

ウルグアイの大統領ホセ・ムヒカは、世界で最も貧しい大統領として知られている。彼はその資産の80%を寄付し個人資産は約18万円相当の1987年型フォルクスワーゲン・ビートルのみで郊外の質素な住宅に暮らしている。給与の大部分を財団や政府のプログラムなどに寄付し月1000ドル強で生活する彼の姿は、多くの人の関心を集めている。そして昨年7月に開かれたリオ会議でのムヒカ大統領のスピーチは多くの人々に衝撃を与えた。ウルグアイのような小国の代表のスピーチはもちろん後回しにされそれに耳を傾ける人はほとんどいなかったが彼はその場で経済の拡大を目指している現代社会に対して明確な警鐘をならしたことで全世界へと広まった動画は大きな話題を呼んだ。

Advertisements

誕生日

僕は若くして結婚願望が強く25歳の時に結婚しました。単純に結婚すれば好きな人と毎日一緒にいられるじゃんと思って決意したのですが実は結婚て本人達が好きだからは大前提として、感極まった相手方のご両親の顔を見て初めて結婚って今まで育ててくれた両家の親御さん達や兄弟ひっくるめて家と家との繫がりなんだな〜ってその時実感します。結婚式もウエディングドレスを着た新婦と新郎が主役かと思いきや披露宴にかぎっては会社の上司や友人に未熟なふたりですがご指導ご鞭撻をお願いする会で、ある意味主役は招待されるゲストであり、新郎新婦と親族の方はもてなす側だったりします。そんな事を経験すると海外ではよくある話らしいのですが誕生日って祝ってもらうもの?って疑問が湧きます。今までみなさんにお世話になって私もこの歳を迎える事ができました、これからも宜しくお願いします、って日なのでは?そんな事を思うようになってから数年が経ちましたがやっぱりなんだかんだいって誕生日ってお祝いしてもらいたいんですよね。

happybirthday-cakes

ニーズ

僕の働くカフェは夜お酒の販売もありバー的な要素がつよかったりします。その中でお客様のニーズを知る、感じ取る事が大切です。例えばビールを注文いただいたお客様はビールさえ出てくれば満足でしょうか?そこには飲み仲間であったり空間であったりサービスであったり様々なニーズがあり、それをキャッチして楽しい時間を過ごして頂きたいと思っています。そこで僕の嫌いな事が2つあります。ひとつはSNSとかで自分食べたラーメンの写真をのせたりする事です。”美味しそー!どこですか?”って基本的にならない。食べた自分がログ的に載せてるだけでそれを読む相手がそれを観てどう思うかをとか喜んでくれるかとか全く考えてないケースが多くて嫌です。もうひとつは年賀状で子供の写真しか載せない人です。僕は十数年会っていない友人とかいて彼がどんな生活をしてるかにはとても興味があるから”あー結婚したんだー。””子供生まれたんだー。”ってわかる写真や”老けたなー。”とか”太ったなー。”とかにも関心がある。要は家族写真には興味があるけど子供だけの写真には興味ないってことなんです。僕の興味はあくまでも友人。接点の薄い上司とかの子供にはあまり関心無いでしょ?ニーズ、大切じゃありません?

05

10のうち9

僕は毎日のようにスタッフに注意したり怒ったりします。そんな話なのですが例えば10個事柄があったとします。その中の1個のミスを指摘すると”他の9個はちゃんと出来てるのに1個のミスに目くじらたてて!”みたいな空気を感じる事があります。もちろん出来てる事はちゃんと見てるし評価してるよって話すのですがこんな事ってよく起こりませんか?僕の感覚は10個のうち9個完璧でも1個のミスでお客様の信用って簡単に失う事があるんです。ちょっと料理が出てくるのが遅れても”もう遅いな〜。”くらいで他のサービスやフォローで何とかなるかもしれませんが例えば食中毒なんていい例です。残り9個がどんだけよくても評価ゼロ以下になってしまいます。それは極端だよ〜なんて言うかもしれませんがそれがちょっとした気の利かなさであったりちょっとしたケアレスミスでも起こるのです。サービスが遅くて1時間の会社の休憩時間にいらっしゃったお客様が時間内にお食事を召し上がれなかったら今後来てくれませんよね。たったひとつの些細な事ですら僕たちの仕事はあらゆる面でよかれと思う事は片っ端から改善しお客様に喜んで頂く必要があるんです。

angry-man.jpg

 

TIME IS MONEY

Time-is-Money1-2

先日読んだホリエモンのゼロという本の印象に残った話です。

ホリエモンは仕事の打ち合わせの時に”いやー、今日は一段と暑くなりましたねー。”なんて挨拶をされると本気でイラッとしたそうです。”早く本題に入れ。”って相手の時間を貴重に思う気持ちにかけてる事が彼を苛立てる理由だそうです。僕もそうですが若い頃時間は無限にあると思っていましたがそれが30半ばになると時間が有限であることに気付き、いかに大切で無駄にすべきものでないかを知りました。TIME IS MONEY、時は金なりなんて嘘だとホリエモンは言います。お金は増やす事が出来るけど時間は増やす事が出来ない。自分の時間も人の時間も大切に使いましょうって話でした。

杵屋

1358635

僕は小さい頃、畳敷きの部屋とシャワーのないいわゆるザ昭和のアパートみたいなところに住んでいました。だからフローリングでダイニングテーブルでシャワーのある生活に憧れてて、ファッションも食事も欧米スタイルのものを好み英語が好きだったりバー業界に入ったのもそういった影響が大きいかもしれません。そんな僕でもたまに杵屋といううどん屋さんに行きました。理由は2つ。二日酔い過ぎてほかのものが食べれない時と、がっつり麺類と米と両方食べたい時です。(うどんとカツ丼のセットみたいなのがあります。)正直おいしいから行っていたわけではありません。それから月日が経ち、純粋にうどんが食べたくて杵屋に行きました。その時は二日酔いでもなくがっつり食べたかったわけでもないので普通のうどんを単品で注文しました。食べてびっくり超美味しい。いままで体調が悪かったりカツ丼など味の濃いものと一緒に食べてたので繊細なダシの味がわからなかったのでしょう。いままでなんてもったいない事してたんだ、と反省しちょっと大人になった気分がしたって話でした。

ポンキーキーズ

IT_2101MCT00004

昔夕方にポンキッキーズという番組がやっててバーテンダーだった僕は出かける準備をしながらよく奥さんのJちゃんと観ていました。その番組の中でガチャピンがスノーボードやパラセイリングなどいろいろな事にチャレンジして見事にこなすっていうコーナーがありました。それを観ながらJちゃんは僕に”かずくん、ガチャピンってホント凄いよねー。なんでも出来るんだねー。”と言うので”Jちゃん、たぶんなんだけど中に入っている人、毎回違うんじゃないかなー。”とわざとらしく伝えると”おー!かずくん頭いいー!”ですって。昔はJちゃんそんな子だったなー。