訂正(呼び出しベル編)

d8585-23-403478-0

以前こんなブログを書きました。

https://pekingduckearns.wordpress.com/2014/06/13/呼び出しベル/

基本的には言ってることは今でも信じているのですがちょっと訂正があります。ストーリーとしては多くの企業がちゃんとしたシステムを作ることによっての店作りをしていて実はそれって働いている従業員の成長の妨げになってませんか?ってブログなんですが昨日スーパーに行って実は営業中でない自動レジ(お預かりしたお金をレジに入れるとお釣りが下から出てくるレジ)の大きなメリットに気づきました。それはレジ閉めです。今までは従業員の能力ってレジ打ちすら信用されてないの?って思っていたけど、自動レジって通常業務中に何円玉と何円札が何枚入金されておつりとしてどの硬貨が支払われたのか瞬時ですよね。てことは最後にいちいちお金を手動で数えなくてもいいんだーって思ったら数十台レジを使ってる店舗などでは素晴らしく業務負担が減るんだろうって。目先に見えるところで物事を判断すると実際の物事って見えなくなるよねって良い例でした。反省。

Advertisements

IS

連日報道されていたイスラム国による日本人捕虜事件。僕も特番とかにかじりつき見守っていましたが結果残念な事となりました。事件とは直接関係ないのですが池上彰の解説番組で改めて知識とは何かを考えさせられました。

ac5a4150-s

日本人がふたり捕まってて黒を身にまとったイギリス訛りの英語を話すイスラム国の人が身代金を要求しているこの映像は今まで幾度もなくおこなわれてきた残虐な殺人を想像させ安倍首相の発言を受けてアメリカ諸国と日本を同類と見なすといった内容でした。ただただ恐ろしいなと。

池上さんが着目したのはなぜ捕虜はオレンジの服を着させられているのか、というものでした。このオレンジをみて連想されるものはキューバにある米軍グァンタナモ基地収容所でした。

Camp_x-ray_detainees

ここは米軍がアフガニスタンの時にタリバンなどの兵士を拘束しアメリカ国内に連れていってしまうと弁護士をつけアメリカの法律で人権が守られてしまう。だからキューバの収容所に連れていけば厳しい拷問等もおこなえるといったブッシュ政権のアイデアでそれに対する報復の意味を込めてのこのオレンジだそうです。

最近のイスラム国関連のニュースをみているとどうしても”捕虜”という”点”で物事を見がちになりますが知識を得ることによって”線”でみれるようになる。また片方からではなく両面から捉えられ、ひとつの事柄でも”面”でみれたり”立体的”に見れたりする。知識の価値ってそこじゃないかなって思いました。

エロス

takeda-tetsuya-01

19歳の名古屋大女子学生が殺人容疑で逮捕された事件について武田鉄矢が述べた見解が素敵でした。

” 神戸連続児童殺傷事件、いわゆる酒鬼薔薇事件をちゃんと調べてみようと思って勉強したらその連続殺人犯の少年は性的な目覚めがすごく遅かったんです。心理学の用語で言うとエロスの登場がすごく遅かった。エロスとの遭遇が遅い人は死の神タナトスに魅かれるんです。性よりも死に魅かれるがゆえに事件を起こしてしまう。そして、いわゆるエリート的な環境で育つことは危うさでもあって猥雑(わいざつ)の中で少年は学ぶ、清潔の中では少年は成長できない。泥の田んぼの中で稲が育つのと同じで、泥の中でないと根を張れない。少年の心理とはそういうものなんです。子供のアダルトビデオなど性の目覚めにつながる物を 見つけた時はやったー!と喜ぶべきなんです。”

武田鉄矢のあの話し方で聞くとものすごく心に響いたのでした。僕の周りの人は殺人事件は起こさなそうだな。。。

お寿司屋さん

37444_Shop_1

僕の友人のSくんはお寿司屋さんで働いていて以前から2015年には今の職場を辞めて実家のお寿司屋さんを継ぐんだって言っていました。先日カフェに遊びに来てくれた時に、”この前社長と会う機会があったので「今年で退職します」って言おうかと思ってたんだけど社長に今後のお互いの為になるようこんな風に考えているって色々お話を頂き、今年から店長を任されてくれないかって言われたんです。で引き受けることにしたんですけど父親にもう少し継ぐの遅くなるって謝りに行かなきゃいけないんですよ。”って話してくれました。僕はそれを聞いて嬉しくなりました。確かに息子の戻ってくるのを親御さんは楽しみに思っていたから残念には思うかもしれないけど僕にはとても素敵なことに思えました。僕は親不孝なのかもしれないけど僕の中の親のプライオリティーは決して高くありません。僕の周りにいる人の中では強いて言えば100番くらい?ないがしろにしてる訳ではないですよ。彼の話で言えば小さい頃から親のお寿司屋さん継ぐんだって板前さんになって他の店で修行してそこでいろいろな人と出会い大切な仲間に恵まれる。いつまでも親が1番なよりそんな息子の姿を見れる方が何倍も親孝行なのではって思うんです。たぶんお父さんは誇りに思っているよ。いつか一緒に働ける日が来るといいね。